2005年11月10日

検索連動型広告は、費用対効果が見えやすい

現在、日本における検索連動型広告市場のメインプレーヤーは、先に挙げたオーバーチュアとグーグルの2強。日本市場においては、アクセス数で上回るヤフー、つまりオーバーチュアに強みがある。

それぞれの仕組みを見ていこう。検索連動型広告サービスは、キーワードに対する広告主の入札で広告料が決まる。クリック率を上げるためには、検索結果の上位に掲載されることが重要だ。よって、広告主にとっては、キーワードの選び方や費用対効果についてのマーケティングが必須の準備となる。

表示順位の決定ルールは、両者で違いがある。オーバーチュアの場合は、入札価格の多寡によって掲載順位を決める。単純に言えば、入札価格を積むことで、取りあえず上位に広告を出すことはできる。

グーグルの場合、入札価格だけでは決まらない。掲載後のクリック率などから算出される独自のポイント(AdRankシステム)も加味して、掲載順位を決める。よって上位に表示された広告でも、クリックされないものはどんどん下に落ちていく。グーグルでは、広告も「情報」として扱い、「クリック数が多いもの=ユーザーにとって価値あるもの」と位置づけているわけだ。高い入札価格をつけた会社よりも、クリック率が高い会社の広告が上位に表示されるケースも多いという。

両者とも、こうして入札によって掲載順位、広告料金を決定しても、実際には課金しない場合がありうる。検索連動型広告では、広告料金が発生するのは検索ユーザーが広告をクリックしたときのみだからだ(別途管理料などはかかる)。

この費用対効果の分かりやすさが、検索連動型広告の最大の魅力と言える。雑誌やテレビなどの広告は、コストが高い割に、その効果は目に見えにくい。その点、検索連動型広告は、クリック率とコンバージョン率(購買など利益に結びつく行動を起こした人の率)が明確だ。しかも、1日もしくは月単位で予算を決めて、広告の表示回数をコントロールすることもできる。広告を出したいと思ったときに、オンラインですぐに申込みができ、最短1日で広告を掲載することも可能だ(アドワーズのケース)。広告効果がなければ、やめることもすぐできる。

「検索サービス市場では、地域情報検索や携帯電話向け検索サービスなど、新しいサービスが続々登場しています。こうした動きに連動して、これまで広告を出すことを考えもしなかった層が流れ込み、新たに市場が形成される可能性が高いでしょう」(アウンコンサルティング広報の河田顕治氏)。
posted by インターネット広告 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。