2005年11月28日

企業製品への Blog 書き込み、ポジティブな「ファン」が7割以上――Web 広告研究会「Blog 書き込み調査」

社団法人 日本広告主協会 Web 広告研究会は28日、「Blog 書き込み調査」に関する研究結果を発表した。

同調査は、Web 広告研究会ネット・プロモーション委員会ブランド・プロモーション研究ワーキンググループが、Blog において企業の製品がどのように書かれているのかを、質と量の両面から把握するために行われた。

約100万の Blog を対象に、キーワード(製品名)を指定し、レッドクルーズ株式会社のパターンマッチング技術による抽出を行い、セグメンテーションと分析を加えたもの。なお、セグメンテーションは「ニュース」(ニュースリリース意見追加型、リピーター型、レビューアー型)、「広告」(広告評論型、懸賞情報提供型、アフィリエーター型)、「体験・感動」(ファン、ニュートラル、批判的)、「日記」(マイペーサー型)としている。

まず、NEC の N901iS、東芝のW録、ギガビート、サッポロビールのスリムスを対象に、製品のキャンペーンと連動し Blog に書かれる内容の質と量がどのように変化するかを比較した。

ブロガーが企業の製品などについて言及する際の視点は、上記4セグメント(ニュース、広告、体験・感動、日記)に分類されるが、新商品については体験・感想・感動型とマイペーサー型が50%前後を占め、ロングセラー商品では80%を占めた。

体験・感想・感動型の中でもポジティブな「ファン」が圧倒的に多く、体験・感想・感動型の72%を占める。一方、ニュートラルは19%、批判的は9%となった。その理由について Web 広告研究会では、「ブロガーは匿名であっても読者との継続的な対話になるため、掲示板での書き込みに比べて非建設的、悪意的な誹謗・抽象に走りにくいのではないか」としている。
posted by インターネット広告 at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | インターネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・ィ・テ・チ、ハアヘヘテ」、ホオ皃皃エナ、、ーサ。トテヒタュ、ネ、ホソィ、ケ遉、、ソソキ青ざめヒオ皃皃ニ、ェ、熙゙、ケ
Posted by ・ィ・テ・チ at 2008年08月22日 06:30
チヌナィ、ハスミイいす、、ャヒャ、、゙、ケ、隍ヲ、ヒ
Posted by スミイいす、 at 2008年08月26日 06:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。